私もおじさんと呼ばれる年齢になってから、さらに数年が経過しました。仕事と預金はちゃんとあるのですが、どうも結婚相手にだけは恵まれず、ずっと一人暮らしを続けていたのです。そんな私のオアシスが、『神待ち女性と会えるサイト』でした。

神待ち女性相手だと自分の年齢はあまり気にしない

もうおっさんになったら、女の子も来てくれないのでは?」と不安になる男性も多いかもしれませんが、そんなことはありません。むしろ、『おじさんのほうを好んで泊まりに来る若い女性』も結構いるので、遊びたい男性は期待してもいいと思いますよ。

私もこのサイトが気に入っているように、安定して女の子と遊べています。しかも主に来てくれるのが20代の女の子で、風俗以上に好都合な相手ばかりです。やっぱりおじさんになったとしても、セックスするなら若い子のほうが好ましいですからね。

この前も「おじさんのほうが安心して会えるかも!」なんて言ってくれる大阪在住の若い神待ち女性と遊べまして、すごく幸せな時間を過ごすことができました。おじさんが好きな女の子なんてAVにしかいないと思いましたが、ちゃんと現実にもいるんですね…。

大阪生まれ・育ちの神待ち女性

その女性は21歳の大阪出身神待ち女性で、もう社会人として働いていました。そのせいか、ほかの若い子よりもちょっとしっかり者なイメージが強く、「若いのに感心だなぁ」なんて思っていましたね。こういうところも、我ながらおじさんだと思います…。

神待ちしていた理由はとくに聞かずに会う約束をして、待ち合わせ場所へと迎えに行きました。ちなみに女の子と会うときは一応身だしなみを整えるようにしてまして、「おじさんでも、ちょっとは意識しないとな…」と自分に言い聞かせています。

その甲斐あってか、神待ち女性も「格好いいおじさんで良かったです!」なんてお世辞を言ってくれまして、私も顔がにやけていたかもしれません。若い女の子に褒められると、男っていくつになってもうれしくなりますよね…。

神待ち女性は家に上がってもさほど緊張しておらず、リラックスしている感じでした。それについて聞いてみると「若い人に泊めてもらうとすぐにがっつかれるけど、おじさんくらいの年齢だと、紳士が多くて安心できるんですよー」と笑っていましたね。

まあそれでもセックスはしますが、その言葉通りできるだけ優しくリードして、神待ち女性にも感じてもらえるように頑張りました。嫁さんもいない私ですが、セックスの回数にはちょっとだけ自信があったので、うれしそうにしてましたよ。

おじさんになっても、まだまだ女遊びは楽しめます。