たまに寂しいと感じるので神待ちしている女性と遊んでいます

女性に比べて、男は寂しさを感じにくくなっている…それは事実だと思います。女性は常に好きな人と一緒にいたがると聞きましたが、男は「たまには1人で過ごしたいなぁ」と思うこともあるので、1人暮らしするにしても女性より向いているでしょう。

デート間隔の出会いがある

たまに寂しいと感じるので神待ちしている女性と遊んでいます

ただ、寂しさを感じにくいだけであって、一切感じないわけではありません。男だって寂しいと感じることはありますし、私だって同じでした。ちなみに私は1人暮らしを開始して6年になる30代ですが、今でもたまに寂しさを感じることがあり、そんなときは神待ちしている女性に声をかけています。

一昔前に神待ちという言葉が流行ってから、そういう書き込みも珍しくありません。出会い系でもそうですが、『泊まりたがる女性専用の掲示板』なんていうのもあるので、「女の子を泊めて、いろんなことをしてみたいなぁ」という男性は、探してみるといいでしょう。

基本的には泊めてあげる男性側が強いものの、女性にだって選ぶ権利はありますので、『不潔で横暴な男』だと断られる可能性が高いです。とくに可愛い子ほどいい男を選べるため、最低でも清潔さと礼儀は意識しておきましょう。

私はさほど不細工でもないし、仕事上毎日清潔にはしていたので、これまで泊めた女性に渋い顔をされたことはありません。むしろ、この前泊めた年下の神待ち女性には「お兄さんみたいですね♪」なんて言われまして、結構気に入られたと思います。

その女性に決めた理由は、やっぱり顔ですね。会う前に写メを交換しましたが、相手は20代前半の可愛い系の顔立ちをしており、ルックスにおいては文句なしです。ちなみに性格も社会人としては普通な感じで、こちらも礼儀を大事にすれば普通に丁寧な子でした。

待ち合わせ場所に迎えに行くと、写真通りの女の子がいました。ただ、写真では身長が分からなかったので、予想よりも小さくて驚きです。多分、150センチは切っていると思います。

声をかけると笑顔を浮かべて、一緒に家まで行きました。神待ちしている女性と待ち合わせると、家に戻るまでの時間もデートみたいで楽しいですよね?こういう時間を過ごすことで、男も寂しさを紛らわすことができるのです。

寂しさを紛らわす為にも神待ちがオススメです。

たまに寂しいと感じるので神待ちしている女性と遊んでいます

家に到着したら、もちろんセックスができます。居間でイチャイチャしているとこれまた寂しさが消えていきますが、やっぱり可愛い子と引っ付いていたら興奮するのが男でして、そのまま体を触り合い、恋人のような流れで楽しめました。

寂しさも放置するとつらくなるので、早いうちに神待ちをしている女性と遊んでみましょう。