おっぱいを吸うのが嫌いな男性なんて、まずいませんよね?女性の胸と言えばまず揉みたくなりますが、乳首が見えたら触るだけではもの足りず、そのまま吸い付きたくなるはずです。「これって子供っぽいかな?」と心配する男性もいるでしょうが、普通でしょう。

ちなみに女性も胸を吸われると感じやすくなり、アソコに触れずともぐしょ濡れになることがあります。胸でどれだけ感じるかは女性によって異なるものの、ほとんどの女性は吸われることでムラムラしてくるのです。

男性は胸でここまで感じることはないから、これは女性特有の感覚だと言えます。女性は子供に授乳することで幸福感が得られるとされており、セックスの際に吸われるとそれに近い感覚…つまりは幸せと快楽を同時に感じられるのでしょう。

なので、あまりセックスに乗り気でない女性でも、胸を吸われているとその気になってしまうことは多いです。女性は気分が乗らないと相手をしてくれないのですが、胸を刺激されるとやはりエッチな気分になってしまうのでしょう。

私もエッチNGだと伝えてきた神待ち女性を泊めた際、「胸だけでいいから!」とお願いして吸わせてもらったのですが…相手も我慢できなくなりまして、結局は最後までやらせてくれました。この女性も、胸は弱いみたいです。

神待ち女性にはこういうセックスに乗り気でない人もたまにいるため、男性は「じゃあ泊める意味がないな…」と冷めた気分になるかもしれません。しかし、女性だってムラムラしてくると収まりがつかないため、結局は男性次第だとも言えます。

それで私はおっぱいが大好きだったから、胸だけいじらせて欲しいと伝えたのですね。エッチNGではありますが「胸だけですよ?」とあっさり受け入れてくれて、このときは本当にセックスしなくていいと思っていたのかもしれません。

家に到着したら服をめくり、ブラをずらして胸を見せてもらいます。サイズについては気持ち大きめという感じで、形がよくバランスのいいおっぱいだと思いました。大きいほうが好きという男性も多いですが、やはりバランスが重要ですね。

胸を吸い始めると、「んっ…」と甘い声を出し始めます。これはいけると思った私は乳首を吸いながら舐め回したり、甘噛みを繰り返したりして刺激を続けたのですが…やがて「変な気分になっちゃいました…」と言い始めたのです。

その後は自然とセックスする流れになり、この神待ち女性とはすべて楽しむことができました。