仕事のノルマに悩む人は男性に多そうなイメージですが、今は女性でもそういう悩みを持ちやすいです。むしろ枕営業なんて言葉もあるように、女性のほうがノルマ達成に躍起なのかもしれません。ノルマが設定されている仕事は出来高制な場合も多く、ノルマをこなせなかったときはつらいですよね。ノルマがそのまま自分の収入に直結するのですから、場合によっては生活費すら工面できないでしょう。

そうなった場合、女性ならどうすると思いますか?

最近の女性は生活が厳しいとき、神待ち掲示板を使うことがあります。

神待ち掲示板は

今日の宿を提供してくれる男性を探す』のが主な目的ですが

宿を提供するってことは食事なども奢ってもらいやすいため

生活が厳しいときは役立つのです。

そのせいか、神待ち掲示板を覗くと

誰かご飯を奢ってくれませんか?

と書く子も多いですね。

泊まりたいのもそうですが、ご飯を奢ってもらえたら食費も大幅に節約できるため

この掲示板はノルマに追われる女性に好評なのでしょう。

私が泊めたA(仮名)という子も、ノルマに悩む女性の1人でした。

Aも「食事とお泊まり、いいですか?

と私に聞いてきて、セックスしたかった私はもちろんOKしました。

この時点では詳しい事情も聞かなかったのですが

Aと一緒に食事をしたとき、いろいろと身の上話を聞かせてくれたのです。

Aは女性ながらも飛び込み的な営業をしており、ノルマ達成も難しいとぼやきました。

幸いなことに枕営業はありませんが

客によってはセクハラまがいのことを言ってくるらしく

Aのストレスは日に日に増えているらしいです。

もちろんノルマを達成できなければ収入も増えず

最近は生活費の確保も大変だとか…。

そんなときに神待ち掲示板を見つけて

これを活用することで食費などを浮かしているらしいです。

また、Aにとっては泊まるためのセックスもストレス解消になるらしく

一石二鳥だと話していました。

私はセックスできればそれでいいのですが

Aの事情を聞くと、やっぱり優しくしてあげたくなりますよね。

だからAとセックスするときも

できるだけAが喜ぶ場所を触ってあげて、お互いが気持ちよくなれるようにしました。

Aは「○○さんみたいに丁寧な人、初めてかも…」なんて言ってくれて

リップサービスだとしてもうれしくなります。

生活が大変な子を泊めてあげるなら、こんな風に労ってあげるといいですよ。

相手に気に入ってもらえたら、またセックスできるかもしれません。