若い頃ならまだしも、30代になると『一晩中のセックス』もなかなか厳しく感じませんか?男ならいくらでもできそう…と考えるのは20代まででして、30代になると復活力も衰えてしまい、40代になると中折れすら珍しくないのだとか…。

セックス相手探しは神待ち

私も30代になってからは、一晩に2回くらいが限界でしたね。

これでもそこそこ女性にモテていたため、それなりにセックスのチャンスも多く

チャンスが訪れたら毎回やるようにはしていましたが…

30代になってからはやっぱり限界も早くて、徐々に女性にもモテなくなりました。

とはいえ、たまにはムラムラする日もあったので

今はセックスをしたいときだけ神待ち女性を探していたのです。

こういう女性を探せる専用サイトを使えば

意外とたくさんの女性がいてびっくりです。

私の家は県内屈指の繁華街からも遠くないので、毎日女性利用者がいましたよ。

そしてここで、『勃起させるのが上手い神待ち女性』と会うことになり

久々に一晩中のセックスをしました。

途中で「もうそろそろ寝ようかな」と思うのですが

この女性のせいで何度でも復活してしまい

精子が薄くなったとしても求めてしまうのです。

神待ちしていた女性は20代

この女性はA(仮名)という人で、まだ20代でした。

この年代の女性は魅力的ですが床上手は少なめだったので

そういうテクニックは期待していません。

ただ、若い女性というだけで興奮するので

2回くらい出させてもらうにはちょうどいい相手でした。

Aとは繁華街にある駅で待ち合わせ、午後7時半くらいに落ち合いました。

Aは美人だと断言するには微妙な顔立ちでしたが

スタイルは完璧に近く、総合的に考えるとかなりハイレベルな女性です。

美人とは言えないと書きましたが、不細工でないのも揺るぎない事実でした。

Aと一緒に食べたいものを購入したら、自宅に向かいました。

到着したら雑談しながら食事を済ませ

Aが「一緒に汗を流しませんか?」と誘ってきたので、ここでセックスが開始されたのです。

Aはもちろんお風呂でもいろいろとしてくれて

フェラについてはめっちゃ上手かったです。

下で先っちょの穴を上手く刺激してきて

フェラが好きな私にとっては最高の時間でした。

お風呂から出たらそのままゴムを着け、仰向けになったAに挿入です。

あとはそのまま2回ほど出させてもらい、これで終わりかと思ったのですが…

Aのお掃除フェラが丁寧すぎて、また勃起しました。

飽き足らない神待ちさんに責め続けられて

そこからは、Aによる『勃起復活ショー』の始まりです。

お掃除フェラはもちろんのこと、キスしながらの手コキや素股を駆使されると

私は何度でも股間がいきり立ってしまいました。

こうしてこの神待ち女性とは一晩中抱き合い、本当に空っぽになってしまったのです。

すごく気持ちよかったですが、それからしばらくは射精も不要でしたね…。