大人になってから可愛い女子高生を見かけると、「この制服を着せたままセックスしてみたいなぁ」と思いませんか?女子高生に手を出すというのは完璧にアウトなわけですが、女子高生に扮したAV女優の作品はたくさんあるように、男が女子高生と制服に興奮するのは紛れもない事実です。

自分が高校生だった頃はそんな風に思わないでしょうが、大人になると急に制服というのが魅力的に見えてしまい、セックスの対象として見てしまうのです。なぜそうなるかの詳しい理由については分かりませんが、『多くの男性は制服が好き』というのは間違いないでしょう。

そんな男性の欲望を満たす代替策として、『女子大生に制服を着せる』というものがあります。女子大生が相手ならセックスしても面倒なことにはなりにくく、高校を卒業してそんなに経過していないこともあり、かなり似合っているでしょう。

制服を着るだけなら30代以降でもいけますが、それくらい年齢を重ねてしまえばやはり体型も変わってしまいますし、顔立ちも成熟していて浮いてしまうでしょう。つまり、女子大生というのは『合法的に制服を着せてセックスができる上、とても似合っている存在』なのです。

私も神待ちしていた女子大生と仲良くなったら制服を持ってきてもらえまして、それを着せたままセックスが楽しめました。相手は「もう似合わないと思うけど…」と言っていましたが、私からすれば本物の女子高生にも見えまして、股間は大喜びでしたよ。

神待ちしていたことから分かるように、この女性も泊まるところを探していたのです。また、ちょくちょく泊まる場所を探すことがあるようで、私の家は結構気に入ったみたいだから「また泊まりたくなったら来てもいい?」と言ってきたので、OKしたら仲良くなったのですね。

それで「まだ高校のときの制服ってある?」と聞いてみたら「あるけどなんで?」と言ったので、制服を着てもらってからセックスしたいと伝えたのです。「変態っぽくない?」なんてからかわれましたが、最終的にはOKしてくれました。

そのお礼としてケーキを買ってあげることになりましたが、制服を着た女子大生とセックスできるなら安いものです。制服を着たときの姿については先ほどから書いている通りであり、すごく似合っていて興奮しました。

ちょっとスカートが短めでパンツが見えやすいのもそそり、熱い夜を過ごせたのです。神待ちしている女性には若い人も多いので、制服が似合いやすいかもしれません。