女性の多くは清楚っぽく見せようと振る舞い、男性はそれをあっさりと信じてしまいます。昔から男は単純と言われるように、女性からすれば御しやすい存在なのでしょう。だからこそ、男性の皆さんには『女性の本性』も理解してもらいたいのです。

「たとえ清楚っぽく振る舞っているだけでも、お互いが満足していればいいじゃん」と思うでしょうが、表面上だけでのお付き合いではいずれ破綻します。そう、女性も本当は自分の本性を見せたいと思っているのですが、なかなかそういうチャンスがないのです。

女性の本性を出させるのにピッタリなのは、やはり『セックス』です。この本能的な行為はお互いの化けの皮も剥がし、体を使ったコミュニケーションを行うことでより理解も深まるでしょう。そうなると、「女性の性欲ってすごいな…」と気付くかもしれません。

清楚な女性は性欲もなさそう…なんて思うかもしれませんが、それらは演技でもあるように、ほとんどの女性は強い性欲を隠し持っています。しかしセックスで感じてくると隠し切れなくなり、やがて本能のまま求めてくるでしょう。

女性が本気で求めてくるようになったら、男性側はいろいろと翻弄されるかもしれません。男性と違って絶頂してもなかなか体の火照りが収まらず、さらに貪欲になることも多いです。このため、性欲の強い男性でないと付き合いきれないかもしれません。

私の性欲は強いほうでしたが、性欲を隠さなくなった神待ち女性とセックスしたときはさすがに疲れ果ててしまい、「前日にオナニーしてたらヤバかったかも…」と思いました。女性を満足させたいのなら、あらかじめため込んでおくほうが無難ですね。

私は性欲が強いのでセックスも好きなのですが、最近は彼女と別れたこともあってご無沙汰であり、「すぐにセックスしたいけど、いい相手はいないかな…」と探した際に見つけたのが神待ち女性でした。

神待ち女性は家に泊めるだけでセックスできると聞いていたから、そのまま誘って連れ込みます。すると最初は服を脱がすだけでも恥ずかしそうにしていたし、一緒にお風呂に入ることもできなかったのですが…クンニ中にクリを弄り出すと、急に変わりました。

自分から股間を顔に押し付けてきて、「もっと弄って…」と甘えた声を出します。それで口を使って2回ほど絶頂させたのですが、「今度は中で感じたい…」と言い、挿入をおねだりしてきました。

それからも絶頂を重ねましたがなかなか満足できなかったようで、日付が変わる頃にようやく眠ってくれたのです。