付き合っていた頃や結婚した直後の妻は、まさにデレデレという感じでした。会う度に「大好き!」と言ってくるし、新婚の頃は「私、とても幸せ…」と呟いていたのです。やっぱり、男としては愛されるのは嬉しいものですよね?

しかしながら、それは永遠に続くわけではありません。どんなに仲のいい夫婦でも徐々に関係は冷めていき、お互いが利用し合うようなドライな状態になるかもしれません。私たちはそこまででもない…と思うのですが、少なくとも妻が相手をしてくれなくなったのは事実でした。

これは完全に無視されているというわけではなく、主に男性として意識されていないという感じです。セックスをほとんどしていないのはもちろんのこと、愛しているなんてしばらく言われていないし、私が「いつも綺麗だね」と褒めても「そう?」としか言いません。

妻からすると子供が最優先なのでしょうが、私としては妻との時間が1番大切なわけでして、本気で相手をしてくれないというのはつらいです。そして単身赴任が決まったときも「向こうでも頑張ってね。あまり会いに行けないと思うけど…」と言われたときには、「絶対単身赴任中に女遊びをしてやる…」と決意したのです。

妻には相手にされない私ですが、神待ち掲示板を使えば意外とモテました。神待ちしている女性にモテてもしょうがない…とは思いますが、やっぱりイチャついてくれるのは嬉しくて、若い頃の妻を愛でているような気持ちになれたのです。

飲み屋などでナンパするのはかなり難しいのですが、神待ち掲示板を使えば女遊びもさほど難しくありません。この掲示板には泊まる場所を探している女性がたくさんいまして、泊めてあげると伝えるだけで会ってくれるのです。

そして家に連れ込めばお礼としてセックスができるわけでして、女遊びも手軽にできました。神待ち掲示板を使っている女性には若い人が多いのですが、そういう女性たちは結構甘えん坊なのか、泊めてあげたら引っ付いてくることが多かったのです。

どうやら年上の私が頼り甲斐のある男に見えるようで、「実際はそうでもないんだけどなぁ」と思いつつも甘えさせてあげていました。そのほうがこちらも楽しめるので、真実を伝える意味はありません。

妻が相手をしてくれないのはつらいものの、こういうサイトを使えばイチャついてくれる女性も見つかりますから、もの足りない日々を過ごしている男性は参考にしてください。一時的であっても、モテ気分を味わえるのは嬉しいものです。