寒い時期というのは、やっぱりつらいものです。「夏と違って着込めばいいじゃん」という声も多いのですが、手先や足先はどうしても冷えてしまいますし、なにより気温が低いともの悲しい気持ちになってしまいませんか?

寒いと孤独感が強まるというか、とくに独り身だとわびしさがこみ上げてくるのです。考えすぎかもしれませんが、寒い時期というのはクリスマスやお正月などの『本来なら誰かと一緒に過ごすべき日』が多いように、この時期に1人というのはいろいろとつらいでしょう。

私も独り身で彼女もいないから、寒い時期はやっぱり寂しさを感じていました。また、体脂肪率が低いせいか寒さにも弱く、「ああ、誰かに温めてもらいたいなぁ…」なんて思うこともしばしばあったのです。

男が温めてもらうと言えば、やっぱりセックスですよね?セックスの際はお互い裸になるので寒そう…と思うかもしれませんが、実際はそうでもありません。むしろ人肌が触れ合うことで非常に温まり、寒い時期であっても汗をかくのが普通でしょう。

だからこそ、寒い時期は神待ち女性を泊めるのが好きでした。寒くない時期でも泊めてセックスを楽しむことはありますが、寒い時期のほうがより一層楽しめるというか、抱き合ったときの幸福感もひとしおという感じですね。

また、寒い時期に神待ちをする女性たちも早く暖まりたいのか、家に連れ込むとすぐに引っ付いてくるのが可愛いですね。相手からすれば泊まるためにそうするのでしょうが、そうだとしても自分から引っ付いてくる様子というのは愛らしいものです。

先日もかなり冷え込みましたが、神待ち女性を泊めたことで随分と緩和されました。その日泊めた女性はなかなかスタイルがよく、おっぱいに触れると柔らかくて暖かい感触が伝わってきまして、心までポカポカしてくるような気分になりましたね。

そして相手も寒がりなのか、セックスのときはギュッと抱きついてきまして、そういうリアクションも正直たまりません。自分から抱きつくというのもいいものですが、やっぱり女性から引っ付かれるというのは男心をくすぐるのです。

「そんなに女性と引っ付きたいなら、彼女作ればいいのに…」という声も聞こえてきそうですが、それができるほど今の世の中は甘くありません。とくに私みたいな『貧乏暇なし』な生活をしていると、彼女どころではないでしょう。

寒い時期に独り身で寂しい思いをしているなら、ぜひ神待ち女性たちを誘ってください。