若い男は性欲旺盛ですが、テクニックには欠けていることが多いです。かく言う私も学生の頃は犬みたいに腰を振るだけで、『女性を感じさせるセックス』なんて考えたこともありませんでした。そのため、若いカップルだと「彼氏とのセックスって楽しいわけじゃないけど、断れない…」と女性側が考えることも多いでしょう。

なので、未熟なセックスしか経験していない女性に『女性が喜ぶようなセックス』をしてあげると、かなり喜ばれます。もちろんそれは精神的な意味だけでなく肉体的な意味でも同じでして、相手によってはセフレになってくれることもありますよ。

私も女子大生とセックスする機会がありまして、その女子大生も「セックスでいったこととかなくて…」と話していました。そんな相手をねっとりとしたセックスで攻めてみると、なんと私のセフレになってくれましたよ。

神待ちしていた女子大生をセックスにハマらせた話

その女子大生は神待ちをしてまして、最初からセフレを希望していたわけではありません。だから「泊まるために仕方なく」という雰囲気は見て分かったし、私は「せっかくだし、若い子にセックスの良さを教え込んでみよう」とも考えたのです。

神待ちしていたくらいだから、セックスの回数だけはそこそこ多いらしく、私が裸にしてもさほど照れた様子はありません。ただ、回数が多いわりには絶頂を経験していないのはもったいなくて、私は丁寧な愛撫からスタートしました。

女性は濡れたらもう入れてもOKですが、すぐに挿入しても男性が先に出してしまうでしょう。女性を満足させる基本は『愛撫でいかせるかギリギリまで攻めること』なので、相手の反応を見つつ胸やクリをいじりました。胸とクリの同時攻めが1番反応もよかったので、それを長時間続けます。

すると「あっあっ、なんだかすごい…」とうわごとのように言い始めて、少ししたら全身をビクビクと震わせました。これまでの彼氏ではあり得なかった愛撫に初の絶頂を経験し、この神待ち女性は私にとても甘えてくるようになったのです。

そうなるとセフレにするのも簡単でして、今は誘ったらいつでも会ってくれます。週末は私の家でお泊まりすることが多く、今は相手から何度も求めてくるようになりまして、想像以上によい関係になれたと思いますね。

女子大生をセフレにすると本当に長いこと楽しめるから、神待ちサイトを使うなら若い子を狙ってみましょう。若い子はセックスでの満足を知らないことも多いため、年齢が若いほど感じさせる価値があると思いますよ。