神待ちで知り合った相手とは、セックスをする事が基本です。
そのため男性の多くは、若い子(家出少女)とセックスをしたいという下心を持って利用しています。

セックステクニックはそこまでない

当然セックスをするなら気持ちよくなりたいですよね。
では家出少女のセックステクニックは、どの程度あるのでしょうか?
もちろん個人差があるためアタリハズレは確実にあります。

ですが総じて言えばテクニックはあまり期待出来ないと言えるでしょう。
なぜかというとその若さは魅力ですが、同時にセックステクニックにおいてはネックにもなります。
やはり人妻や熟女の方が経験が豊富なのでセックステクニックが身についていると言えるでしょう。

そもそも家出少女は年齢的に家出をする前は、処女ではない場合であっても経験人数はそれほど多くないはずです。
それは同世代の男性の童貞率を見ればある程度推測する事が出来ます。
そして必要に迫られて神待ちを始めてから、本格的にセックスをするようになった状態です。

風俗店のようにセックスに関して研修がある訳ではありません。
なので男性とのセックス経験の中で、自分でセックステクニックを身に着けていく事になります。
ですが神待ちで知り合った相手とは一晩一緒にホテルに泊まるというケースが大半で、1回限りの関係が多いのです。

もし同じ回数セックスをしているのであれば、10人の相手と各1回づつの計10回セックス経験がある場合と1人の相手と10回セックス経験がある場合であれば、後者の方がセックステクニックは身につきます。

なぜかというと1回目のセックスは、身体の相性も分かりません。
相手がどのような流れでセックスをするのかも分かりません。
そのため相手がどうすれば感じるのか手探りの状態でセックスをしている状態です。

テクニックは求めない

なのでセックスに対してお試し感が大きく、追及したり深く掘り下げる事が少ないのです。
対して同じ相手とセックスをすれば、気持ちよくなるために相手の動きに合わせて動くなどセックスが共同作業となります。
またマンネリ化しないように、いろいろ工夫してセックスを行うため体位やプレイなどのバリエーションを多く経験出来ます。

つまり状況的に考えて、神待ちで知り合った相手と1回限りのセックスを繰り返している家出少女はセックステクニックを身につけにくいためあまり期待出来ないと言えます。
なので神待ちでは相手からの奉仕やセックステクニックは期待せずに、若い子とセックスをする事自体を楽しむようにして下さい。