男の性に関する秘密って、誰しもにありますよね。その中には『身近な異性に興奮した思い出』もあるでしょうし、ときには家族と一選を超えてしまうケースもあるでしょう。ちなみに私にも似たようなことがありまして、多分一生忘れられないと思います。

今時の熟女も神待ちをしている

実は私は40代以降の熟女が好きなのですが、それは母親が関係しているのです。私が中学生の頃、母親は40代前半でして、とても容姿が綺麗でした。運動が好きなおかげでスタイルはよく、私から見ても顔立ちは綺麗で若々しいです。

そして中学生の頃はエロ本も入手しにくかったから、身近なエロスを見つけては処理するしかありません。とはいえ同級生には可愛い子がいないので、パンチラやブラチラを見ても少し物足りず、私はもっとも身近で魅力的な母をおかずにしてしまったのです。

ある夏の日、母親は下着姿で昼寝をしていました。その日は父もおらずに2人っきりでして、私は母の体から目が離せなかったのです。ほどよくむちっとした体つきはまさに女で、クラスメイトとは比較になりません。しかも熟睡していたおかげで胸やお尻も触れたし、ちょっとずらして乳首やアソコも堪能しました。

そんな母の痴態はしばらく最高のおかずになり、私はあの頃の母と同じくらいの女性を好むようになったのです。AVを見て抜くときも熟女モノばかりを選んでいたし、最近は『神待ちしている熟女』をよく家に泊めています。

若い女性よりも年上の女性程会えやすい

神待ちを使う男性は若い子を好むため、熟女が待っていてもなかなか声がかかりません。しかし私はそういう女性たちが大好きなので、お互いの利害が一致していたのです。熟女に声をかけると、ほぼ確実に歓迎されますからね。

この前も50代の女性を家に泊めましたが、やっぱり最高でした。あの頃の母に比べると少し肉付きが良すぎるのですが、若い子にはない熟した色気がありまして、体を視姦しているだけでも興奮します。しかも熟女は夫ともセックスレスなことが多く、こちらから求めるとすごく喜んで腰を振りますよ。

熟女はセックスレスが多い

若い子とのセックスもしたことがありますが、満足感が高いのは熟女とのセックスでして、「やっぱり私は熟女が1番好きなんだなぁ」と痛感します。神待ちにいる熟女は本当に誘いやすいから、熟女と遊びたいなら声をかけてみましょう。

ちなみに実家にいる母はすでに60目前でして、あの頃のようなエロさはないものの、今でも仲良しですよ。さすがにもうおかずにはしませんが、長生きして欲しいです。