「神待ち女性なんていうのはもはやエロゲーにしかいない」…そんな言葉が聞こえてきそうな昨今ですが、皆さんはどう思いますか?エロゲーというのは『男が想像できるシチュエーションのほぼすべてが揃っている』と言われており、そのバリエーションには驚かされるでしょう。

「エロゲーなんて所詮は絵だし…」とバカにするかもしれませんが、やってみるとハマる男性は多いです。エロゲーの多くは非現実的な性体験を描写しているのですが、それらはエロに慣れた男性であっても強い刺激を与えてくれるため、気分転換にもいいでしょう。

もちろん一昔前に話題となった神待ち女性についても再現されており、エロゲーにおいてはJKっぽく見えるヒロインがそういうことをしています。あくまでもJKっぽくと書いているのには理由があり、ゲーム内とはいえJKだと明言すると法令違反となるのです。

なので神待ち女性と会ってみたい男性はJKを探すかもしれませんが、現実世界で手を出すと大変危険なのは言うまでもないため、泊まるところを探しているかどうかはさて置いても手を出すわけにはいきません。

「そもそも現実世界に神待ち女性なんていないでしょ?」という意見が大半でしょうが、そんなことはありません。サイトによってはそういう女性が本当にいますし、誘えばセックスもさせてくれます。ただ、JKではなく20代以降がほとんどですね。

こういう女性たちはみんな若そうに見えますが、最近は30代以上の女性が泊めてくれる相手を探すことがあります。たとえば『旦那とケンカして飛び出してきた人妻』というのは結構いまして、憧れの人妻とセックスできるチャンスでもあります。

レベルについては千差万別ですが、ときには好みのタイプを泊めることもできるでしょう。私は足フェチなのですが、先日泊めた女性の足は本当に綺麗で、つい太ももからつま先まで味わってしまいました。

太ももはともかくつま先は汚いと思うかもしれませんが、足フェチからすればむしろご褒美です。綺麗な足というのはどこからどこまでも綺麗でエロく、それを舐めたいと思うのは男として当然でしょう。

相手も足を舐められると感じるのか、アソコは直接触る前からしっとりと濡れており、前戯としては十分盛り上がったと思います。綺麗過ぎる足は本当にたまりませんので、足フェチでない男性も一度は味わってみてはどうでしょうか?

好みの女性を泊められたらより一層楽しめるため、たまにはそういう相手を探してみるといいでしょう。