いろんな女性とセックスを重ねていると、『その人によって異なる身体的特徴』が分かると思います。ぱっと見は同じような体型に見えても、セックスしてみると質感や反応などの違いが伝わってくるため、「この人は、こんな反応をするのか…」と面白く感じるでしょう。

私も結婚せずにいろんな女性と遊んできたので、相手ごとの違いについてはよく確認していました。男は入れさえすれば気持ち良くなる…のですが、女性の特徴に合わせたセックスをしないと相手は気持ちよくなれないため、多少は気遣いも必要でしょう。

先日セックスをさせてくれた神待ち女性は『とても濡れやすい人』だったので、わりと楽な相手でした。それでいてスムーズに動けるので気持ち良く、「やっぱり、濡れやすい人のほうがやりやすいなぁ」と痛感したのです。

女性は感じてくると濡れるのですが、その濡れやすさには個人差があります。とても濡れやすい女性であればあっという間に汁まみれですが、濡れにくい女性は入れられるようになるくらい濡らすのも一苦労で、なんの準備もしていなければ大変でしょう。

私も過去にそういう女性とセックスしたことがあるのですが、やっぱり手間はかかりましたね。指で触れたくらいでは濡れず、しばらく舐め回すことでやっと「これなら多分入るはず…」と思える状態になりました。自分の唾液も込みでこれですから、ローションなどがないとなかなか楽しめないでしょう。

しかし先日泊めた神待ち女性については、一切心配が要りませんでした。一応自宅にはローションもあるのですが、この女性相手に使ってしまえば、かえってヌルヌルになりすぎて不便かもしれませんね。

相手が濡れやすいかどうかを試す場合、『素股』をしてもらうといいかもしれません。上に乗ってもらい、ペニスにアソコを擦りつけるプレイなのですが、女性も大事な部分が触れるということで感じやすいでしょう。

そして濡れやすい女性であれば、愛液でスムーズに動けるようになる…のですが、この神待ち女性はあっという間に汁まみれとなりまして、私も相手のヌルヌルが絡みついてきて気持ちよかったですね。

もちろんその後の挿入も大変スムーズで、中も適度に締まるから気持ち良く射精できました。セックスが終わったあとに確かめると相手の汁で全身がヌルッとしていましたが、それも悪くありません。

濡れやすい女性とはセックスがしやすいので、経験の浅い男性でも安心です。そういう相手を探しているなら、濡れやすさを意識するのもいいでしょう。