近年は複数のことを同時に処理する能力が重視されがちで、これはマルチタスクとも呼ばれています。日本では総合管理職なんていうものが存在するように、一人でアレコレこなすのが当たり前となっているから、マルチタスクが要求されるのも自然なことでしょう。

マルチタスクに対応できる人は重宝される一方で、近年は『できるだけ一つのことに集中できる環境を作る』という風潮も広がってきました。というのも、どれだけ処理能力の高い人でもマルチタスクを行うことで強い負荷がかかり、結果として作業効率が落ちてしまうのです。

マルチタスクは本来作業を効率化するために行うのですから、これでは本末転倒だと思いませんか?実際にマルチタスクによる問題は研究が進んでおり、昔ほど求められることはありません。したがって、よほどマルチタスクが好きではない限りは一つのことに集中すべきでしょう。

これは仕事以外でも同じでして、たとえ趣味であっても一つのことに集中する方が有意義です。男性なら大好きであろうセックスもそれだけに集中することでより気持ち良くなり、これまでにない体験ができるでしょう。

セックスに集中するコツとしては、『セックスに向いた施設で行うこと』が重要だと考えています。セックスを自宅で行う人はとても多いですが、自宅だと普段の生活がしっかりと入り込んでいるし、なにより周囲を気にして物音を立てにくいですよね?

つまり、自宅でのセックスではどうしても集中力が削がれてしまい、思いの外満足度が高くなりません。私もそれに気付いてからはラブホテルでセックスすることが増えまして、神待ち女性と遊ぶ時もラブホテルを利用していました。

神待ち女性を誘う場合は自宅を使うことが多いと思いますが、ラブホテルでも問題ありません。要は泊まれればOKなのですから、空調が効いていて雨風が凌げるラブホテルはなんの問題もありません。むしろ、知らない男の家に行くよりも低リスクで安心できるでしょう。

なによりセックスに集中できるというのが大きく、声や音も好きなだけ出せるから、神待ち女性も心置きなく感じられます。声を我慢する女性もセクシーでそそるのですが、やっぱり甘い声で喘いでくれるほうがいいでしょう。

ラブホテルはセックスするために入る場所ですから、普段の生活とは隔絶されており、余計なノイズがありません。結果として目の前の女性に集中できますから、より気持ちいいセックスができるでしょう。