これまで女性の体を何度も見てきたのですが、やっぱり『足』が1番興奮しますね。女性を見ていてどこで興奮するかは人によって意見が分かれるものの、美脚にムラムラする男性は多く、女性も足を強調したファッションを好むケースがあります。

そうしたファッションの1つが『ストッキング』であり、これにとても興奮する男性は少なくありません。本来は女性向けの防寒具でしたが、その足が強調されるシルエットが性的な興奮も煽り、一部の男性にとっては欠かせないアイテムとなりました。

ストッキングは独特の質感を持っているため、セックスの際に用いることが多いです。ストッキングを履いたまま太ももに挟んでもらったり、足コキの際に履いてもらったり、それこそ数え切れないほどのバリエーションがあります。

そしてとくに男心をくすぐるとされるのが、破ることですね。ストッキングはその薄さから破ることも簡単であり、セックスの際は脱がすのではなく破って挿入するというシチュエーションもあります。OLなどが登場するAVではわりとポピュラーでしょう。

もちろん現実世界でそれを実現するのは、それなりに厳しいです。とくに女性の私物であれば買い替えが必要になるため、一時の快感のために破らせてくれる女性は稀でしょう。男性側が用意すればいいかもしれませんが、それはそれでコストがかかります。

そんなわけで、ストッキングを破るというプレイは実現しにくい…のですが、私は一度だけやらせてもらったことがあります。そのときの相手は神待ち女性で、最初は難色を示していましたが…必死にお願いすることで、本当に破らせてくれました。

なんで必死にお願いしたのかと言うと、その神待ち女性が美脚だったから…というのが関係しています。美脚の女性がストッキングを履いていたら興奮するのが当然であり、足フェチな男であれば我慢なんてできません。

なので家に連れ込んでから必死にお願いし、相手も渋々ながらも受け入れてくれました。服を着たままセックスをするだけでも興奮するのですが、ストッキングを破る瞬間はこれまでで1番ムラムラしてまして、破れる音が聞こえた瞬間に股間も爆発しそうでした。

破れたストッキングから覗く白い肌がとても眩しく、そのコントラストは背徳的です。衣類を破って行うセックスはまるで無理矢理犯しているかのようで、これも興奮するポイントなのでしょう。

この神待ち女性のおかげでとてもいい思い出ができまして、今も感謝しています。