神待ちをしていた女性は母乳が出る子持ちの女性でした。ヤンキー風の女性はやっぱり男とやりまくる人が多いから、必然的に妊娠もしやすいです。だから日本にも『ヤンママ』がとても多く、そういう女性にはシングルマザーも目立つでしょう。この国の将来が心配になる…と言いたいところですが、ヤンママってすごくエロいですし、セックスも簡単にさせてくれるのがいいですよね。

22歳のヤンママが神待ちしていたのでセックスさせてもらいました

ヤンママの神待ちは珍しいですが

しかもヤンママって

『まだ母乳が出るけど普通にセックスさせてくれる人』も結構いるため

母乳を飲んでみたい男性にはたまりません。

味については母乳よりも牛乳のほうがよっぽど美味しいのですが

『女性から出てきたミルク』というだけでエロく

そして飲んだときの満足感が違うのです。

そんなヤンママとセックスしたことがありますが

やっぱり最高でした。

相手は22歳で神待ちをしていたA(仮名)という女性で

泊めるだけでセックスをさせてくれたのです。

ヤンママって性欲に正直だから、母親になったとしてもちょくちょくセックスがしたくなるのだとか…。

最初に神待ちで話していたときは

ヤンママだとは知りませんでした。

私が声をかけて会話していると

「実はあたし結婚しているんですけど、それでもいいですよね?」

と言ってきたのです。

これまでにヤンママと交流することがなかったから

ちょっと驚きでしたね。

子供は親に預ける用意周到な神待ちママ

とはいえヤンママのエロさに興味もあったし、普通にOKしました。

Aは子供は両親に預かってもらっているらしく

たまにはこうして羽を伸ばすらしいです。

ママになってもなお奔放なAですが

そんなAのおかげで楽しめたわけですし

私にとっては魅力的な女性でした。

Aはいかにもギャルな見た目でして、派手な髪の色と服装をしていたのです。

それでいて22歳という若さだから

一児の母とは気付かれにくいかもしれません。

私はヤンママだと知っていて会ったから

ギャップにも少し興奮しました。

性格に関してもギャルらしい明るさがあり、エッチな話題も大好きです。

そしてAは「まだ母乳が出るけど、飲んでみる?」

と笑いながら聞いてきたから、私は食い気味にお願いしました。

すると「必死すぎ!」なんて言いながらも、すぐにOKしてくれましたよ。

子持ちは乳がでかいから興奮しました

Aを脱がせて胸を露わにすると、母乳が出るだけあって結構張っています。

それをモミモミしながら吸っていると母乳が出てきまして

興奮しながらたっぷりと飲ませてもらいました。

牛乳のほうが美味しいとは書きましたが

Aのミルクも私にとっては美味しいです。

ヤンママなAとセックスできたことは神待ちでも1番の思い出ですね。